よはくのらくがき

2005年から社会人になり、2016年からフリーランスとして、色々な会社で人事や事業づくりの仕事をしています。日々仕事をする中で気づいたことを、拙いながらも書いていきます。

評価リテラシーを高めよう

最近、割と色々なところで、評価や報酬って難しいよね、という話を

したり聞いたりする機会が増えてきました。

 

なんでかなーとあれこれ考えてみたので、備忘録がてらまとめてみます。

 

【サマリ】

1)評価の仕組みには正解がなく、都度都度の最適解しかない

2)「測れない・測りづらいもの」と、上手に付き合おう

3)「ルールづくり」と同じくらい、「リテラシー向上」に力を注いだ方が良い

 

1)評価の仕組みには正解がなく、都度都度の最適解しかない

まず、何が一番難しい(というかもどかしい)かというと、正解がないんです。

ちゃんと制度を作るって、真面目にやると結構時間が掛かると思うんですが、

組織とか、環境とか、市場の状況が都度かわるから、時間を掛けた割に「効果が得られた感」を得づらいように思います。

(しかも、年々難易度が上がっているように思います。その理由は後述します)

 

なので、とても「もどかしい」です。

 

2)「測れない・測りづらいもの」と、上手に付き合おう

ではなぜ、測る仕組みを作る難易度が上がってるか、なのですが、

「測れないものを定量化しないといけない」機会が、昔に比べて増えたからです。

 

昔は、「作れば売れる」が強かった時代なので、

営業成績や、商品の歩留まり率、ロス率など、成果を測ることが比較的簡単でした。

かつ、営業ができる人=説得するのが上手い人、という側面もあるので、

組織内で、「数値を上げられる人=成果が大きい人」という価値観も、強かったと思います。

 

今は、「売れるものを作らないと売れない」時代なので、

(社会全体の流動性が高まったり、流通する情報量が増えたり、などによって)

良いものを作る、ということへの価値の比重が、上がってきました。

あるいは、「安心・安全」であることの価値も高まってきているので、

「安全を担保する」ことの価値や難易度も、上がってきています。

 

でも、ここで難しいのは、「良いものを作る」とか、「安全を担保する」ことって、

案外測りづらいんです。

例えば、単位時間あたりにコードが多く書けるエンジニアが優秀なエンジニアか、というと、必ずしもそうではないですし、

デザインとかクリエイティブに至っては、みんなが納得する点数付けはナンセンスだと言えると思います。

 

そんな状況で、全てを測ることはとても難しいことなのですが、

人は測りたくなる性質がある(みんなじゃないかもしれないけど)のと、

測った結果(報酬)は、測れる形で出すことになるので、

どうにも、「もどかしさ」が生まれます。

 

3)「ルールづくり」と同じくらい、「リテラシー向上」に力を注いだ方が良い

では、どうすればよいの?が、最後に来るんですが、

ルール・仕組みづくりは、たえず行い続ける、見直し続ける、アップデートし続ける、

という姿勢をもつ(実際にそうする)のと、

「組織内の評価に対するリテラシーを上げる」ことに、知恵と時間を使うことが、

最適解なのかな、と思います。

 

具体的には、「ルールを正しく伝える」「ルールを正しく理解する」「評価をしてみる」「評価の振り返りや、フィードバック、訓練をする」などに、

きちんと時間と思考を投入する、ってことかなーと。

 

この部分、何度も繰り返して、検証して、新しいルールに適応して、というのは、

多くの人があまり意識していない分野(鍛えていない筋肉)だと思うので、

少しだけでも意識を振り向けることで、良いことは結構あるなぁと思います。

(個人単位でこの訓練をすることは、例え会社をまたいでも有効なスキルだと思います)

目標を立てる3つの目的

色々な会社で働かせて頂く中で、「目標」の捉え方や扱い方について、

会社や個人でけっこうなバラつきがあるのを感じる。

 

色んな会社で色んな目標に出会ってきたけど、目標を立てる目的については、

概ね以下の3つに集約される気がしてきた。

(そして、この3つの目的について考えられている目標は、よく機能している気がする)

1.パフォーマンスを最大にするため

2.仕事を面白くするため

3.チームをチームとして機能させるため

 

1.パフォーマンスを最大にするため

目標を立てたら、現在地からどうやってその目標地点にいこうか、って考えて、トライし始めるわけだけど、

目的地に向かってるんだっけ?とか、このペースで行くと間に合うんだっけ?とか、

間に合わなそうだとわかったら、どうやったら間に合うようになるんだっけ?とか、

あれこれ知恵が湧いてくる、知恵を出す機会を作れるのが、大きなメリットの一つだなと。

※パフォーマンスが最大になる目標と、そうでない目標があると思うので、それは別で整理したい

 

2.仕事を面白くするため

1は、目標について論じられてる本にはだいたいそれっぽいことが書いてあるし、多くの人が意識してるんだけど、

これはあまり意識されてない、すっ飛ばされてる気がする。

(私の周りでは減ったけど、「ノルマ」にはだいたいこの視点は無い)

ゲームはやめられず、仕事には飽きる理由 - ライブドアニュース

↑ここに書かれてる4つの視点が盛り込まれてると強い

 

3.チームをチームとして機能させるため

仕事でもスポーツでもなんでも、

「このチームって何を目指してるんだろう? 」

は、揃ってるようで揃ってないことが多いと思う。

 

例えば野球のチームでも、

「地区大会で勝てれば良い」と思ってるのと、

「なにがなんでも甲子園に行くぞ!」と思ってるのと、

「楽しくスポーツできれば良いよね」と思ってるのでは、取り組み方が全然違う。

ここが揃わないでチームが動くと、それぞれが不満を抱えるし、揃えるのは結構難しい。

(職場を選ぶ時にも、どこを目指すチームなのかには興味を持ったほうが良いのにな、って

 採用関連の仕事をしたりするとちょいちょい思う)

 

それぞれもっと深掘りしたいけど、それはまた気が向いたら。