歩く犬の独りごと

駆けだしフリーランスのひとりごと

【はじめての確定申告】フリーになったらやったほうが良いこと、振り返りとまとめ

ちょっと前の話ですが、確定申告いってきました。

 

フリーになりたての方がどこかでこの文章読むかもなので(昔の自分を想定)、

やっておいてよかった!やっておけばよかった!の観点から、備忘録的にまとめます。

 

【開業にあたり、やっておくと良いこと】

・会計ソフトを導入しておく

 →私はマネーフォワードを使いました。freeeも多分得られる恩恵は変わらないかと。

  この2つのどちらかが良さそう。

  理由は、ユーザー数が多いのとメーカーが力入れてる(当たり前か)ので、

  困った時に調べやすいし、誰かしらに聞きやすい。

 

・なるべくこまめに(月1くらいで)会計はつけておく

 →これはやれなかったこと。私の場合は年度末にまとめてやって超苦労しました。

  会社員の時は月に1回経費提出してたけど、これは良い仕組みだなぁと思う。

 (ちなみに私、会社員時代は割ときっちりしてた方ですが、強制力が無いとやらなくなるなぁと)

 

・節税策は色々と仕込んでおく

 →控除扱いになる保険に入っておく(積立型)

  実質的には利回りが出る形になる。保険制度は税制に守られていると実感。

 (税の恩恵が無ければ、合理的に考えて発展しない産業です。コスト掛かるし)

 →小規模共済にも入っておく(積立型)

  これも同様。私まだ入ってませんが汗

 

・ストック型の売上を作っておき、最低限の生活費はそこで担保できる状態を作る

 →これは精神的安定感が違う。

  私の場合はストック割合が多いのですが、歩合の仕事の人は大変だろうなーと思います。

  ウデに自信があるなら良いのですが、私にはできません。

  企業経営者の方がストックにこだわる理由がちょっとだけですがわかりました。

 

・かといって、固定の仕事でスケジュールは埋めすぎない

 固定の仕事でびっしり埋まると、新しい情報入手ができなくなったり、新たな仕事の種が見つけられなかったり、精神的にしんどかったりするので、

 ある程度の「ゆとり」を持たせておくことがおすすめです。

 

・受注先はポートフォリオを組んでおく

 私の場合は「売上目標」は立てず、「売上構成比」の目標を立てて活動しています。

 (経済的には)

 複数の収入源(契約先)があると、「ここ契約切れたら人生終わり」とならないので、

 結果として言うべきことも言えて、仕事の質も高まることを実感しています。

 

・・・とまあ、駆け出しではありますがざっと気づいたところはこんな感じ。

長く自営をやっている方は「何を今さら」だし、会社員だと「イメージ湧きづらい」

かもしれないのですが、イメージ湧きづらい中で、「あ、でもちょっとイメージ湧いたかも」ってなったら良いなと思い、綴っておきました。