読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歩く犬の独りごと

駆けだしフリーランスのひとりごと

仕事のスピード感が共通認識だと、仕事がしやすい

仕事をしやすくする上で、スピード感を共通認識にすることが大事だなと、

最近つくづく感じます。

 

仕事を進めるスピードは、人によって(アタマの回転や経験値)異なるのですが、

どこに向かっていて、いつまでに完了するのか、ということが、

(特に、いつまでに、という部分)

共通認識になっていると、すごく仕事がしやすいのです。

 

ここで重要なのは、実際に進めるスピードは一緒じゃなくて良い、ということ。

(もちろん、実際のスピードも同じだと、よりストレスは少ないでしょうが、

 個性の異なるメンバーで仕事をすれば、自ずとスピードが違ってくる)

あとは、お互いのスピードをきちんと理解していれば、

どこで受け渡すか、どこでどう連携するかを決める際にも、

ストレスなく仕事ができます。