読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歩く犬の独りごと

駆けだしフリーランスのひとりごと

「言われたとおりやる」と「考えて動く」は、二者択一ではない

先日、ある担当者の方と話をしていて、

「考えて色々提案するんですが、受け入れてもらえないんです。

 これって考えるな、ってことですかね?」

と相談された。

 

また、ある経営者の方が、

「指示を一方的に出すと、考えなくなるので、考えさせてるんですよね。

 だから成果が出るのには時間が掛かるんですが、ここは我慢してるんです」

と仰っていた。

 

また、あるマネージャーは、

「誰かに任せるより自分がやった方が早いんですよねー」

と仰っていた。

 

===

「色々考えさせる」と「スピードを以て物事を進める」が、どちらかを立てればどちらかが犠牲になる、という論調で話され、

「二者択一だ」みたいな決めつけがあるように思う。

 

効果的なのはそのどちらでもなく、「決められた通りやる」ことと、「やる中で、しっかり考える」の両方をやること。

 

「自身の思考や意見」と「言われたこと」との違い、その本質を考え、理解することで、

思考の質が徐々に上がっていき、その結果として提案が通るようになるのだ。