読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歩く犬の独りごと

駆けだしフリーランスのひとりごと

しごと力を科学する:序論

しごと力を高める方法、を科学する。 しごと力を高めるのと、たとえばスポーツ等でトレーニングし、 より高いパフォーマンスを出すことは、かなり高い相関性を有していると考える。 本稿では、 しごと=チーム競技 であることがほとんどだと解釈しており、 …

【はじめての確定申告】フリーになったらやったほうが良いこと、振り返りとまとめ

ちょっと前の話ですが、確定申告いってきました。 フリーになりたての方がどこかでこの文章読むかもなので(昔の自分を想定)、 やっておいてよかった!やっておけばよかった!の観点から、備忘録的にまとめます。 【開業にあたり、やっておくと良いこと】 …

フリーになったら、肩の力が抜けて、緊張感が手に入った

ふと、フリーになる前を振り返る機会があったので、その雑感を書いておく。 フリーになって、私は、「肩の力が抜け」て、「緊張感」を得た。 (変なところで真面目な性格だから、だと分析している) 順に説明すると、 肩の力が抜けたのは、 「この商談、契約…

プレイングマネージャー、という立ち位置をどう捉えるか

「プレイングマネージャー」という言葉によく直面する。 忙しいミッションで、成果は高く、人的リソースが潤沢でない場合、 マネージャーが少なくない割合で、プレイングマネージャーとなる。 この言葉は「自らも数値を持ち、かつ、マネジメントもする」とい…

環境を選択するセンスと力

多くの人は、自らが選ぶ環境に影響を受けている。 日常の、身の回りの人に引っ張られる。 (親しい友人5名の年収の平均値が、その人の年収、と言われたりするし) で、現代の日本では、全てではないが、ある程度は環境を選べる。 どこに勤めるか、余暇はど…

書籍:ハードワーク 勝つためのマインド・セッティング エディー・ジョーンズ

【才能と努力、姿勢とあり方について考えさせてくれる一冊】 ハードワーク 勝つためのマインド・セッティング エディー・ジョーンズ https://www.amazon.co.jp/dp/B01N2NM3R7/ref=dp-kindle-redirect?_encoding=UTF8&btkr=1 刺さりまくり、響きまくり、襟正…

フリーで売り出すには「特徴」持たせるとわかりやすいよ、という話

たまには、肩書き通りフリーランスネタを。 独立当初から色々実験を、試行錯誤をしているのですが、 自己紹介の仕方や、紹介のしてもらい方は、特に工夫しています。 特に私の場合、経営コンサルとか、新規事業コンサルとか、割とふわっとした仕事を (悪く…

相手の立場に立って、とよく言われるけど

色々なシーンで、「相手の立場に立って考えよ」って、よく言われる。 顧客に対して、同僚に対して、上司に対して、友人や恋人・家族に対して、など。 で、主には説教じみて言われるんだけど、 (新卒2・3年目くらいまで、このことでよく怒られた) 最近思…

経験から学ぶ能力って、フォーカスされてないけどとても大事

仕事していると(仕事に限らず)、色々と経験を積んでいくのだけれど、 一つの経験から何を学ぶかって、人によって本当に大きな差があると思う。 例えば、一件の営業訪問をやったとして、 訪問した後、「さあ次」って、何も考えずにいってしまう人もいれば、…

ひっさしぶり超おすすめな本:伝えることからはじめよう(高田明)

あんまり「みんなに読んで欲しい本」にはめぐり合わないんですが、 (◯◯の人にオススメ!はたまにあるけど) この本は「どんな人にでも読んで欲しい!!」と思った本。 https://www.amazon.co.jp/dp/4492045902/ref=tmm_hrd_swatch_0?_encoding=UTF8&qid=&sr…

仕事のスピード感が共通認識だと、仕事がしやすい

仕事をしやすくする上で、スピード感を共通認識にすることが大事だなと、 最近つくづく感じます。 仕事を進めるスピードは、人によって(アタマの回転や経験値)異なるのですが、 どこに向かっていて、いつまでに完了するのか、ということが、 (特に、いつ…

書籍ライブラリ×2:トランプ新大統領関連

トランプさんがアメリカの新しい大統領に就任する、ということが、2017年最初、かつ最大(かどうかは、年が終わらないとわからないが)の世界的トピックのように思う。 彼の思考プロセス、アウトプットを読む限り、「目的」を達するために、きわめて合理的に…

毎日、小さな積み重ねを

年末年始は、色々と振り返り、ここからの一年に想いを巡らす上で、 とても良いタイミングです。 これまで、どんなことがあったら最高の一年か、とか、割と考えていたのですが、 年始の自分に思考をロックされるような気が(今はたまたま)したので、 今年は…

思考の最大瞬間風速

自分の思考力が何%発揮できているか、というのは、中々意識しづらい。 例えばランニングや短距離走、野球のピッチングだと、 タイムや球速など、分かりやすい指標で測れるので、 「あ、いつもより遅いな」とか、「今日は調子が良いな」とか、 感じやすいし…

時間配分と思考力の配分

フリーになり、いくつかの企業様でお仕事をさせて頂くと、自分の稼働時間をどのように配分するか、を考える必要があるのですが、 最近気づいたこととして、「物理的な時間の配分」に加えて、「思考力をどう配分するか」が重要だな、ということがあります。 …

書籍ライブラリ:リーダーのための「人を見抜く」力

選手として、監督として、一線級で考え、実践し続けた知見が詰まった一冊。 野球の例えを自身の領域に置き換えると気付き満載です。 【タイトル】 書籍 https://www.amazon.co.jp/dp/4434199374/ref=olp_product_details?_encoding=UTF8&me= 【こんな人にお…

チームで生産性を上げるために、まず最初に取り組むこと

社会の動きとしても、身の回りでも、最近流行りの書籍でも、 生産性を高めよう、というフレーズが声高に叫ばれている。 (時間に関する)生産性を高めるには、投入した時間を減らすこと、 時間あたりの生産量を高めること、の2つのアプローチがある。 生産…

書籍ライブラリ:最速の仕事術はプログラマーが知っている

生産性を上げる上で思考すべき(非エンジニアにとっては)新鮮な切り口が得られる一冊。 生産性についてある程度悩んだり、考えたことがある人向け。 (ある程度軸がある人が参照する、という観点が、個人的にはオススメ) 【タイトル】 Kindle https://www.…

「言われたとおりやる」と「考えて動く」は、二者択一ではない

先日、ある担当者の方と話をしていて、 「考えて色々提案するんですが、受け入れてもらえないんです。 これって考えるな、ってことですかね?」 と相談された。 また、ある経営者の方が、 「指示を一方的に出すと、考えなくなるので、考えさせてるんですよね…

書籍ライブラリ:プロフェッショナル・ネゴシエーターの頭の中

かつてクライアントワークにて、取引先との交渉を行っていた際に、 交渉について何冊か本を読んだ中で、スッキリと整理されわかりやすかった一冊。 総務担当の方が持っていると良い視点。 【タイトル】 Kindle https://www.amazon.co.jp/ebook/dp/B00DEC3FSU…

ブログ開設

まついぬが日々歩き回って、棒に当たったことを書き記していきます。 頻度は不定期でも(しばらくは!)続けることを目標に、 ゆるく書き綴っていきます。