よはくのらくがき

2005年から社会人、2016年からフリーランス、色々働くを実験・実践中。気づいたこと考えたことをまとめていきます。

「価値提供」×「学び」のバランス

先日、「ライフシフト 」をテーマに読書会をやって、気づいたことを改めて整理。

 

ざっくり言うと本には、

・技術や社会の進歩に伴い、100歳まで生きることは十分考えられるよ

・80年生きるのと100年生きるのだと、「お金」「仕事」「人間関係」など、

 ただ20年伸びる、だけじゃないインパクトがあるよ

・長くなる人生を充実したものにするためには、こんな視点・フェーズがあるよ

ということが書かれています。

(めっちゃ意訳。読まれてない方は良い本なので是非読んでみて頂けたら)

 

それを踏まえて、今回主張したいのは、「価値提供」と「学び」のバランスを、

意識できていますか?ということです。

 

なお、仕事を選ぶ際には、社会的意義とかやりがい、ミッション、機械にとって変わられるか、など、考えるべき観点はたくさんありますが、

「個人のキャリアや人生設計」を基点にするため、今回の論点からはあえて省いてます。

 

f:id:matsuinu:20190417123350p:plain

価値提供と学びのマトリクス


仕事は、とてもシンプルに言えば、「価値を提供し、対価として報酬を得る」

と言えると思います。

(報酬のもらいかたは金銭以外にも色々あるとして)

そして、ライフシフト の文脈で、「個人」が仕事から得られるものは、

「経済的報酬」か「学び」に大別されると思います。 

(ややこしくなるので人的資産ややりがい等は今回省きます)

 (学びの「種類」も考える必要がありますが、単純化します) 

 

で、ざっくり箱を切って4つに分けて、自分の時間の使い方をプロットした時に、

①〜③をバランスよく配分できているか、を見直すことは、

有用なんじゃないかな、と思います。

 

④は無条件に減らすべき、③も中期的にシフトした方が良い、は、

あまり異論が出ないと思うのですが、

①ばかりで占められているのも、あくまで感覚的ではありますが、

ポートフォリオ組み替えた方が良いんじゃないか?のシグナルだと思ってます。

 

これまた感覚的なんですが、①での学びと②での学びは、質が異なる気がしています。もうちょっと深掘りして解き明かしたいところです。

 

ちょっともやっとした終わり方ですが、もう少し自分自身でも悩んでみようかと思います。

(次回このテーマで書くかどうかはまだ決めてません)

議論の質が高まる要件を考えてみる

勉強会とか、会議とかで、議論の質の高さってまちまちだな、と最近思っていて、

その要件って何だろう?とふと思い、考察してみます。

※会議じゃなくて議論、です。全く別物です。

 

f:id:matsuinu:20190410131541p:plain

イラスト引っ張ってみた

■そもそも議論って何?

辞書で調べると、

[名](スル)互いの意見を述べて論じ合うこと。また、その内容。「議論を戦わす」「議論を尽くす」「仲間と議論する」

と書いてあります。

議論学 - Wikipediaというものもあるんですね。

どちらが正しいか、勝ち負けを決める「ディベート」や、条件・落としどころが決まる「交渉」など、色々な形式があります。

 

■質の高い議論では何が生み出されるか?何が得られるか?

個人的な見解ですが、議論では

・学び(言語化されているとなおよし)

・結論

・参加者間の新たな関係性

のいずれか、または複数が生み出される、または得られます。

なので、質の高い議論では、それぞれの質が高まり、

・価値ある、深い、新たな学び(しかもスッキリと言語化されている)

・参加者が心から納得する結論

・相互理解の深まりによる参加者間の絆

が生み出されているな、と思います。

(この辺が生み出される場は単純に心地よいです)

 

■質の高い議論が生じる条件

議論の質を高めるポイントを洗い出してみました。

(書いてみると当たり前っちゃ当たり前なんですが、案外整ってないシーンは多い気がします)

・関心の高いテーマを選んでいる

 関心のある、重要に思っているテーマであればあるほど、深い議論がなされます

 (言い換えると、十分に関心を持てるように予習することや、好奇心がそもそも高いことは、良い議論を行う上での条件になってくると思います)

 

・前提となる知識レベルが揃っている

 良い議論をしようとすると、ある程度知識レベルが揃っているのは重要かなと思います。

 ただ、周囲の知識レベルを確認せず、知ってる前提で話を進めると、それはそれで話が噛み合わないし、知識のひけらかしが起きるので要注意です。

 

・異なる知識・知見や経験を持った参加者がいて、お互いを尊重している

 共通の前提知識がある程度あった上であれば、同じような経験を持った人の集まりよりは異なる知識や知見が集まった方が、想定外の学びや結論が出る傾向にあると思います。

 

・それぞれが自論を持ち、立ち位置を明らかにしている

 良い議論は、参加者がそれぞれ意見を持っており、それをぶつけあうことで起きることが多いように感じます。その時に、それぞれが自身の意見や立ち位置を明確にしていると、より違いがわかりやすく、さらには違いの背景まで探求できるので、より面白い議論になるように思います。

 

・自論の展開ではなく意見を交換している

 これは議論していてつまらないパターンの裏返しなんですが、グループ内の(たいてい)一人が自論を話しまくる議論はつまらないです。

 (そして、本人は自覚してない場合が多い)

 

言語化が得意な人が一人以上(なるべく多く)いる

  最後にこれ。良い議論にスッキリ感を加えるのは、言語化されたアウトプット。ここの言語化が上手くできていると、議論後のスッキリ感が違います。

 

== 

要素がやや多くなってしまったが、書き出してみたことで頭の整理になりました。

(このブログ、僕の文章の練習と頭の整理が大きな目的の一つなので、ご容赦を、、)

 

質の高い議論は本当に楽しく有意義なので、今後も良い議論をたくさんしていきたいな。

 

ふりかえり:3ヶ月続けてみて気づいたこと

年初に文章の練習にブログ書くぞー、って決めて、とりあえず3ヶ月続いたので、

今回は振り返りをしてみます。

KPTで分けてみる)

 

Keep:

・初めてみたこと、続けてみたこと

 何事もそうだけど、ペース決めてペース守るのはやっぱり大事です。

・宣言をして、かつ、見える状況で続けたこと

 やりますって周囲に宣言して、意図的に話題に出したりしつつ、やった/やってないがわかる状況で続けるのは効果的でした。

 宣言も見える環境もなかったら、多分継続できていないと思います。

 (今日が特に。日中バタバタしてて、夜は夜で予定があったので、さっきまでサボる気満々でした。笑)

・無理のないペースをセットする

 いくら宣言とかしても、毎日書く、とか言ってたらおそらく途中で頓挫してたと思います。

 無理のないペースで実施したことは大きかったと思います。

 

Problem:

・ひとまず始めたけど、今のところは完全に我流である

 意図的に、特に学習せずにつらつら書いてみたけど、(特に気持ちが乗らない時は)ちゃんと書けてないしまとまりがない。

 文章の書き方については本とか色々あるので、先人の知恵を学ぼう。

・「カタ」が定まってないので読みづらい

 上のと通ずるけど、やっぱり一定のカタや文章の癖があった方が読みやすいと思う。工夫しよう。

・「ストック」してないので、たまにやっつけになる(笑)

 ネタをストックする習慣が作れてないので、無理やりひねり出すことが割とあった気がします。読み返してみたら、同じような内容のことも結構ありました。

 

Try:

・文章やブログの書き方についてインプット→実践する

 これは必須です。「お作法」を覚えないと上達しない気がするのと、新たな切り口を学ぶのが面白そう。

 

その他気づき、よかったこととしては(ここが最も大きいかもだけど)、

アウトプットしてみることで、自分の傾向や考えを改めて知れた

のが大きい収穫だったと思います。

 

もうちょっとトピックを増やすことを意識しつつ、もうちょっと継続してみようと思います!

 

おじさん・おばさんの活躍を考えてみる

ここ最近、採用の仕事に関わっていたり、人材サービスの事業を作っている中で、

よく考えることを書いてみます。

(3行目段階ではあまりまとまってないけど強烈な課題感だけはある)

 

人生100年時代」とか、「少子高齢化」という言葉はよく目にするし、

最近ちょっと出回っていた記事にも書いてあったけど。

 

一言で言えば、

「40歳を超えると、新しい環境で活躍するのが極端に難しくなる」

っていう状態があって、これには様々な要因があるなーと。

閾値はあくまで私の主観)

 

ざっと企業側と個人側に分けて洗い出してみると、

■企業側の要因

・企業は新しい人に「染まること」と「伸びしろ」を期待している

・年上のマネジメントは難易度が高い(気をつかう)

 →なんだかんだ言って年下だと指示や命令をしやすい

 →ここへの慣れは一つのキーワードな気がしています

・若い雰囲気の方が好まれる(これの正体を突き止めたい)

■個人側の要因

・新しいことを覚える/身につけるのが遅くなる

・過去の経験に基づくプライドが邪魔をする(頑固になる)

・生活に必要な費用が上がってくる(傾向的に)

・体面を気にする(割合が増える)

・「感性」が若くない、ついていけない

 

・・・まだまだありそう。

 

これを、逆張りで言い換えると(能力の高さや事業の魅力以外で)、

■こんな企業がこれから強い

・価値観を押し付けるのではなく、じっくりと対話することを厭わない

・バックグラウンドの異なる人を活かせるマネージャーがいる

・「歳の割に若い」おじさん・おばさんがいる

 

■こんな人はどこでも活躍できそう

・新しいこと、未知のものに飛び込む、強引にでも興味をもつ

・過去の経験に固執しない

 →専門領域だと思うことも、数年経てば古びる

・「感性」を重要視し、磨き続ける

 

って感じになるのかな。

 

・・・考えたり向き合うのが怖いテーマでもあるけど、関心を持ち続けて、向き合い続けたいテーマでもあります。

いま新卒で就活して会社に入るなら

先日、新卒向けの研修を企画・実施した中で、表題について改めて考えてみたいな、と思ったので、今回はこのテーマで書きます。

(就活当時や、社会人になりたての自分に宛てても書いてみます)

ちなみに私は2005年4月に社会人になったので、もうすぐ14年目が終わろうとしています。その立場で改めて振り返って考えたことを、言語化してみます。

  

<まとめ>

・「なぜ就職なのか?」を認識する

・就職するなら、軸足は「成長」に置く

・誰と働くか、を重視する

・専門性を意識する

・就職した後「社外との接点」を持つ

 

 

・「なぜ就職なのか?」を認識する

 

学校を卒業した後の進路は、「進学」か「就職」しかなかったけど、

なんとなく「みんなが就職するから」で就職するのは勿体無いなと思い返してます。

起業するという選択肢もあるだろうし、アカデミアに突き進む、という選択肢もある。

「知り合いの会社に学生のまま入って、いつの間にかそこの社員になっている」

なんて選択肢もあります。

「新卒の就職活動」を行って、会社を選ぶ、という選択をする自分なりの理由を明確にすることがスタートラインだと思います。

(身の周りにも、新卒で就職していない人も増えてきました)

 

・就職するなら、軸足は「成長」に置く

 進路を「就職」に決めたら、誰かが作り運営している会社に入る、ということになります。

誤解を恐れず言えば、「100%のシンクロ」は、この時点でありえないと思います。

(むしろ、100%シンクロした、って言ってる人が、入社した後に「こんなはずじゃなかった、、」って言っているケースも割とある)

また、社会人になって2〜3年真剣に仕事をしてると、考え方や価値観はどんどん変わってくると思います。

この変化(変わるか、方向同じでよりシャープになるかはその人次第)を得るために、最初の就職はあると言っても過言じゃない気がしています。

(前提として、成果を出さなくて良い、成果を追求しなくて良い、ということではありません)

実際に仕事をしてみて、その上で考えてみて、どんな軸が形成されるか、

どうやったらその軸がより良いものになるか、を追い求めて、最初のステージを決めることは、とても価値があると思います。

(最初の会社は数年で辞めるべき、という意味ではありません)

 

・誰と働くか、を重視する

価値観や軸を手に入れる上で、大事になるのは、

「誰と一緒に働くか」だと思います。

特に最初のうちは、身の回りの人から影響を受けやすいです。

仕事の癖や思考習慣など、口癖も、知らずのうちに染まってきます。

(本人は気づかなかったりします)

何をやるのか、ももちろん大事ですが、

どんな人から影響を受けたいか、を意識・重視するのがおすすめです。

※なので個人的には、配属先を選べないくらい大きな会社、は、リスクが大きいなぁと思っています。

 

・専門性を意識する

もし仮に、新卒で就職して数年後に転職することがあれば、その際に大事になるのは「何ができる人か」「何を強みとする人か」です。

就職して何年か経ったときに、何を専門領域として、強みとして身に付けたいか、は、

意識するようにしましょう。

 

・就職した後「社外との接点」を持つ

就職して、真剣に仕事をすると、目の前の課題に没頭しがちで、

(これはこれで良いことです)

気がついたら社内の人としか話してない、社内にしかいない、ということは、よくある話です。

(業種や職種、勤務地にもよります)

「視野が狭く、井の中のカワズになってしまいがち」ということは常に意識し、

なるべく、社外との接点や、話をする機会を持つようにしましょう。

(そういう機会を持つことに寛容な職場を選ぶ、というのも一つのポイントだと思います)

 

あくまで一つの考え方だし、これが絶対の正解とは思っていませんが、

これから就活を迎える方をはじめ、進路に悩まれている方の何らかの参考材料になれば。

 

今日はこのへんで。

自走力を育む4つの条件

前々回、自走型人材を扱ったところから派生して、今回は、

「自走力はどうやって育まれるのか?」について考えてみます。

 

自走力が育まれるってことは、自走する訓練ができる、ということで、

言い換えると、自ら考える機会が得られ、かつ、訓練ができること。

もうちょっと要素分解して、以下の4つにまとめてみました。

(書き起こすとめっちゃ当たり前なんだけど、これ全部満たしてる職場や環境ってあまり多くない気がしています)

 

1.一見何も生まない「考える時間」は許容されるか?

2.考える材料(情報)が提供され、かつ、アクセスしやすいか?

3.思考に対して適切なフィードバックやコーチングが得られるか?

4.考える習慣のある人が周りに多いか?

 

以下それぞれ書き起こします。

 

1.一見何も生まない「考える時間」は許容されるか?

考える時間が必要、というのは、直感的に誰もが理解できることだと思います。

ですが、「何も生まない時間」は、賃金や報酬を伴っていると、受け入れがたい(できれば減らしたい)物でもあります。

 

何かを考える時間は、側から見ると何も生み出していないようにも見えます。

(何か資料作成が進むわけでも、アウトプットが出るわけでもないので)

厄介なのは、実際に思考しているか、していないか、は判別がつかないし、

一生懸命考えて何も生み出せない(特に創造力を要する仕事だと)、ということもあるので、なおさら判別がしづらいです。

 

勝手に個人の時間で考えるなら、誰も何も言わないんですが、

多くの場合、仕事の時間には(支払い形態は異なれど)賃金や報酬が発生するので、報酬を払うからには何かを得たい、という心理が働きます。

(これはこれで当然のことですね)

そのため、ただ考える、ということに時間を費やすのを許容するのは、割と難しく、これを許容する、というのを第一の条件と置いています。

 

2.考える材料(情報)が提供され、かつ、アクセスしやすいか?

考える時間が確保できたら、次は思考の質です。 

こと思考においては、より良質でより正確な材料(情報のインプット)がとても重要になってきます。

思考の質だけを考えたら、情報はフルオープンな方が良いですが、

・特許や知財、秘密のノウハウなど、機密にすべき

・上場企業なら株価に影響するなど、開示する影響が大きい

・表面だけ伝わると誤解を招く恐れがあるなど、何らかの事情で開示しづらい

などなど、情報をオープンにすることを阻害する要素もあるため、考える情報を入手できるかどうか、は、組織によって異なります。

また、情報の整理そのものは、直接付加価値を生み出さないため、情報の整理を後回しにしている組織も多くあります。あと、単純に人手不足、もありますし。

(取りに行くスタンスが大事なのは前提ですが、取りやすい場所に置いておけるかは別の問題)

なので、情報のオープンさ、アクセスのしやすさを高めることは、自走を促す上では大事な要素になります。

 

3.思考に対して適切なフィードバックやコーチングが得られるか?

3つ目にこれ。思考や自走の質を高めるに、自ら振り返りを行うのも大事なのですが、

「育む環境」と考えると、客観的に誰かに見てもらい、適切な軌道修正ができるかどうかはとても大事になります。

具体的には、良い上司やメンター、コーチなどがいるか、見つけられているか、ということです。

(ちなみに、直接の上司など、身の回りにそういう人がいなくても、適切な存在を見つける努力はできます)

 

4.考える習慣のある人が周りに多いか?

最後にこれ。めちゃくちゃ重要だと思ってまして、

考える習慣を持っている人が周りにいると、考えることは促進され、

考える習慣がない人が周りに多いと、考えることは抑制されます。

(運動も一緒ですね。コミュニティの効果は偉大です)

 

今回は「環境」という切り口で書きましたが、環境は整えていくものなので、

1〜4の条件を「たとえ今がそうじゃなくても」作りにいくことこそ、

自走力を育む上で最も重要なのかもしれません。

 

時間をタテとヨコで捉えなおす

いくつかの会社や仕事に携わらせて頂いていて、「切り替え」や「時間の使い方」について、どうやってるか質問を頂くことがあります。

今回は、時間(だけじゃないかもしれませんが)の区切り方について、整理してみます。

一つの会社でも複数のロールやプロジェクトに関わっている人はいる、というか多いと思うので、少しでも参考になれば嬉しいです。

 

<ざっくりまとめ>

■攻めの時間と守りの時間がある

■攻め:一見何もしてないように見える、考える時間が重要

■守り:減らした方が良い、と決めつけない

■攻めはタテでまとめて、守りはヨコに散らす

■バランスが悪いと何が起こるか

■タテとヨコを意識しながら予定表を見てみよう

 

f:id:matsuinu:20190306104702p:plain

タテ(攻め)の時間とヨコ(守り)の時間

 

■攻めの時間と守りの時間がある

仕事=何らかの価値を生み出すこと、だとすると、

(数値で測れるとは限らない)

・実際に価値を生み出す「攻めの時間」と、

・価値を生み出すために必要な「守りの時間」に、

大別できると考えます。

具体的には、

攻めの時間・・・アウトプットする、何かを作る、物事を考える、ブレストする、提案する、作業を進める、など

守りの時間・・・インプットする、状況理解をする、イレギュラーに対処する、依頼の対応をする、定例会議に参加する、など

 

を想定して、定義しています。

(人によって定義は微妙に変わるかもしれません。しっくりくる捉え方をして頂ければと思います)

 

■攻め:一見何もしてないように見える、考える時間が重要

攻めの時間は、価値を生み出す時間なので、「何かやってなきゃいけない」

って考える方もいらっしゃいます。

(予定表が埋まってないと、何かしてないと、不安になる、的な)

が、新しい価値を生み出す上では、「手を動かさず、じっくり考える」ことが

とても大事になってきます。

これまで色々な方のカレンダーや時間の使い方を見てきましたが、「考える時間」を確保していない方は、とても多いように思います。

 

■守り:減らした方が良い、と決めつけない

守りの時間、というと、できるだけ減らした方が良い、と決めつける方もいらっしゃいますが、そうは思いません。

(多すぎるのは問題ですが)

価値を生み出したり、良質な思考をする上では、「適切に、鮮度や質の高い状況理解をする」ことがカギになってくると思います。

ちなみに、ここで言う守り、には、明らかに減らした方が良い雑務は含みません。

 

f:id:matsuinu:20190301133747p:plain

タテとヨコで時間を取る

■攻めはタテでまとめて、守りはヨコに散らす

考えたり、何かの作業をする際には、「出来るだけまとまった時間を確保する」のがポイントだと思います。

車のギアが高い状態を維持する、だったり、スポーツで言う「ゾーンに入る」みたいな感じです。集中力が高まれば高まるほど、攻めの時間は良質になります。

これを、「タテの時間」とします。

複数の仕事やプロジェクトに関わっている場合は、一つの「攻め」の時間には、一つの仕事やプロジェクトに集中することがポイントになります。

 (なお、適度な休憩も必要です)

 

関わるプロジェクトや仕事にもよりますが、状況が都度変化する場合は、適切な頻度でのキャッチアップが必要になりますので、適切な頻度で、守りの時間をとることが大事です。

これを「ヨコの時間」とします。

 

■バランスが悪いと何が起こるか

 

攻めの時間が少なければ、そもそも生み出す価値が少なくなり、守りの時間が少なければ、思考の質が下がったり、適切ではない判断に繋がるため、ムダが生まれたりします。

攻めと守りのバランスは重要です。

(なお、それほど大組織でもないのに大組織並みの状況理解を要求し、結果として攻めに時間が使えないケースも散見されます)

 

■タテとヨコを意識しながら予定表を見てみよう

ぜひ、タテとヨコを意識して、予定表を見てみてください。

・タテの時間がプロジェクトをまたいでごっちゃになってないか

・思考の時間は取れているか

・ヨコの時間は多すぎないか、少なすぎないか

など。

バランスが悪いな、と思ったら、整えることで、よりスッキリと時間を使えるかもしれません。